このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の基本保障

「生命保険」とは第1分野保険に属しています。
第1分野保険とは、生命保険会社の扱う生命保険のカテゴリとなっており、他に第2分野保険は自動車保険や火災保険などの「損害保険」で、第3分野保険とはそれら以外の保険のカテゴリになっています。
例えば医療保険や入院保険などが第3分野保険に属しており、昨今注目を集めている新しい保険がこれに属します。
そして各種保険の基本として、各分野によってそれぞれ使用される表現が異なります。
このことが保険を難解に感じさせる1つの要因になっていると言えます。
第1分野保険では、「保障」と表記されていますが、第2分野保険では「補償」とされます。
また第1分野保険では「保険金」と呼ばれていますが、第3分野保険では「給付金」と呼ばれています。
このように、表記にそれぞれ違いがあることを理解することが大切です。
生命保険には、「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」の三種類があります。
これらは保障対象となる被保険者の生命が関係している保険です。
死亡保険は被保険者が死亡、あるいは高度後遺障害状態となった場合を保障対象としています。
そして生存保険は、被保険者が保障期間を超えて生存していた場合を保障対象としています。
生死混合保険は、被保険者が死亡あるいは高度後遺障害状態となった場合、もしくは保障期間を超えて生存していた場合のどちらのケースも保障対象としています。
これらの保障対象になると保険金が支払われます。
各種保険は保障範囲が広いほど、保険料が高くなる仕組みになっています。
すなわち生死混合保険の保険料がもっとも高額な保険料となっています。
とはいえ、各種保険の中でも生命保険の保険料は高額となっており、死亡保険や生存保険の生命保険も保険料は決して安いものではありません。
保険商品の中でも生命保険は保険料が高額と言われています。
その中でも生死混合保険の保険料がもっとも高額になっています。
このように生命保険を理解するためには、まず使用されている表現が各種保険分野に異なること、そして生命保険の基本となっているそれぞれの保険について理解する必要があります。
逆に、これらを理解することができれば、生命保険の中身はそこまで難しいものではありません。
それぞれの主契約に、後は特約という別の保障が備わっているだけと理解すればよいでしょう。
生命保険は、人生で住宅についで高い買い物と言われています。
保険料は毎月支払うといったように分割して支払っているため、このことを理解している方も少ないと思います。
では住宅を購入する際、簡単に決定することができるでしょうか。
そのような方はほとんどいないと思います。
ですから生命保険もこれと同じことが言えます。
それなりの保障が備わっていればそれでいいというものではありません。
保険は支払う保険料と、支払われる保険金のバランスを考慮することがもっとも大切だからです。
Copyright (C)2016生命保険で保障されるコト.All rights reserved.
Search